女性アイドル 推し事入門

2005年、AKB48が誕生したことによって、女性アイドルグループブームが巻き起こった。

 

かつて、女性アイドルというのは、大手芸能プロダクションが売り出す、テレビの向こうにいる存在だった。

 

そしてたまに遊園地でイベントを行うのを、見かけるくらいのモノだった。

 

当時は、大学生くらいの年齢の若い男の子が女性アイドルに群がり、奇声を発するファンを、鉢巻きや法被を着た親衛隊が制するといった光景がよく見られた。

 

しかし「会いにいけるアイドル」AKB48の誕生以降は、様相が一変。

 

大手芸能事務所は、AKB48に続けとばかりにアイドルグループを作り始めたし、中小の芸能プロダクションもそれに続いた。

 

さらに全国各地でAKB48を真似たご当地アイドルが誕生し、それぞれに思い思いの活動をする様になった。

 

もはやアイドルはテレビの向こうの遠い存在ではなく、誰でもなれるし、誰でも始められる物になったわけだ。

 

そのため秋葉原や新宿など、人が集まる街では、毎日のようにどこかで女性アイドルグループがイベントを行い、それを推す(応援する)比較的年齢層の高いオジサンたちが、彼女たちを見守っている。

 

そんな女性アイドルの「推し事」を、SKE48ファンの私が解説する。

 

参考になれば幸いです。